カエルニッキ

ド・ザイナー。

OOPARTS Vol.4『天国への階段』東京公演4日目


22日は、池袋サンシャイン劇場で公演中のOut Of Place ARTiSt:OOPARTS Vol.4『天国への階段』東京公演4日目を観てきました。ご存知「水曜どうでしょう」のミスタさんこと鈴井貴之率いる劇団OOPARTSに、ディレクターの藤やんこと藤村忠寿さんも今回も出演です。

“今や年間3万人以上にものぼる孤独死
その数は交通事故死、自殺者をも超えている。”

冒頭から始まる不穏なプロローグ

孤独死の現場を清掃する特殊清掃員のお話。OOPARTS復活してから毎回見に行っているのですが、今年の脚本は登場人物の過去のからくりが何重にも重なってておもしろい! これまでで一番おもしろいお芝居でした。

回想シーンと現代シーンの交錯する演出が目が離せませんでした。これはおもしろい演出です。しっかり気をつけてみていかないと、うっかりヒントを見落としそうです。

トーリーが進むに連れてどんどん解明される登場人物の過去は訳ありが多く、たくさんの点と線がつながっていく過程にモヤモヤしつつも、ワクワクし、最後にまたどんでん返しがあり、そしてホロリもあったよ……。

題材が孤独死した人のおうちを掃除するという内容ではありますが、かなりすっきりするお話で、モヤモヤの残らないお芝居でした! いい話でしたー! よかったー!

時々出てくる藤やんのテレビマンに対してのテンポの良いセリフには会場大爆笑。しっかりとお役目を果たしている気がしました。

「人は死んでも、その人を思ってくれている人がいる限り、人は死んでいない」

劇中に出てくる言葉ですが、なるほどなと思います。死んだ人は忘れられてないのがうれしいから、悪口でもいいから言ってあげなさいと小さいころ言われたことがありました。

小さかったので言葉だけでしか覚えてなかったのですが、近年、自分の周りで亡くなる人が多く、ふとした拍子に死んだ人のことばかり考えていたりします。“どんな気持ちで死んだのか”“死とは”みたいな感じで、思考が堂々巡りなんですけどね。

【作・演出】
鈴井 貴之
【出演】
永野 宗典(ヨーロッパ企画
畑中 智行(キャラメルボックス
菊地 美香
根岸 拓哉
平田 薫
吉田 悟郎
東 李苑
戸澤 亮(NEXTAGE)
藤村 忠寿(北海道テレビ
鈴井 貴之

【関連記事】

白金台 クロミミラパン


Cafe Kuromimi Lapin (カフェ クロミミラパン) でモーニングしてきました。


白金台の森を抜けたところにひっそりとあるこだわりのコーヒー屋さんです。


モーニング注文時に、コーヒーの味は調整できますのでおっしゃってくださいと言われ、マスターに酸味少なめと注文したらフラガンシアと言うフルーティなのに酸味がない不思議おいしいコーヒーがでてきました! 好みピッタリでビックリ。コーヒーソムリエですか!

希少なティピカも試飲させてもらいました。これで濃い目に入れているという信じられない、スッキリ感。酸味もあってすごい濃く淹れているらしいのに、すーっと入っていくまろやかさと、飲んだあとのクリアな味わいが特徴的で、今までにない味わいでした。希少なコーヒーと聞いてなるほど納得。病気や虫に弱く、今ではコスタリカの一部でとられる豆のみで、それが市場に出たら買い付けも瞬殺だとか。


コーヒーのことを話すマスターはとってもいい顔で、常連さん夫婦とも穏やかに会話していて、お店の雰囲気があったかかったです。コーヒー好きな人にすごくオススメしたいお店です。

白金台珈琲 Kuromimi Lapin クロミミラパン (白金台カフェ・コーヒー専門店)
営業時間:8:00~19:00
定休日:木曜日
場所:東京都港区白金台5-17-8-2F
tel:03-5422-9638
禁煙(たぶん)

『夏の娘たち〜ひめごと〜』


20日は、堀禎一特集期間中であります☆ポレポレ東中野☆で最新作、『夏の娘たち〜ひめごと〜』を観てきました。おもしろかったです!

暑い夏の日の、セミの鳴き声に吸い込まれていくひめごと……。ポスターにもなっている、やまだないと先生のイラストイメージピッタリの、小さな山間の町に繰り広げられる男女の、シズル感たっぷりの秘め事映画でした! ネタバレあるかもしれませんので観ていない方はご注意です。


冒頭のお茶シーンから、どこかエロティックを感じてしまった自分。あと、川で泳ぐスレンダーボディのシーンがえらくセクシーに映ってて、このエロさは何なんだろうと思いました。恐らく女優さんのおかげ。エロイというと、濡れ場のあごのラインがきれいでした。

場面切り替えがぶつ切りで唐突だったり、画面の寄りがカクカクしてたり、時々気になる部分はあったものの、心理描写の伏線があとからわかって、それが結構いい意味でいい加減で、あれはこうだったのかな?と考えられるのもリアリティがありました。

誰の子かわからない、旅人さんという表現も、あっけらかんとしていうと、そういうものかなって思えてきたり、映っていないけれどもみんなそれぞれ何かを抱えて生きていると思わせ、重くもなる話ですがそうはならなかったシュールさも含め、話はしっかり把握できました。私は好きなタイプの映画です。音楽もいろいろ考えるのにあっていました。

あと、ご飯にお茶をかけて、みそ漬け食べるスタイルがなんとも好き。

お嫁に行く当日に首吊ったのを知らされるというシチュエーションが、ちょっとなぞだったけど、田舎あるあるなのかな。とはいえ、隠しきれませんよね……。ハッピーとアンハッピーが同時に起こる、そこに深いメッセージがあるのか、ないのか、なんという映画を作った監督なんだと思いました。

劇場出たら役者さんたちがいて、ちょっとお話しさせてもらいました。さっきまでスクリーンで見ていた人たちが、目の前にいる不思議! そこで濡れ場が自然光だったという話を聞いて、あんな幻想的に撮れるものなのかと感動。観終わった直後役者さんとお話できて、しばらく私たちは興奮冷めやらずでした!


ポレポレ東中野は、初めて来たのですが、映画好きが集まる映画館でした。


いろいろたのしかった!

夏の娘たち〜ひめごと〜
監督:堀禎一
音楽:虹釜太郎
西山真来
鎌田英幸
松浦祐也
志水季里子
下元史朗
速水今日子
ビノシュ
和田みさ
櫻井拓也
小林節
川瀬陽太
外波山文明
上映時間:75分
配給:インターフィルム

ポレポレ東中野さんのツイート: "訃報 監督 堀禎一氏 くも膜下出血により、平成29年7月18日(火)に急逝いたしました。享年47歳。ここに生前の、皆様のご厚誼に深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。 なお、上映は予定通り行います。開催予定だったトークイベントは中止とさせていただきます。何卒ご了承ください。"

この日は、堀禎一監督と虹釜太郎音楽監督のトークショーがあり、それを観に行く予定でした。前日に監督の突然の訃報を知りました。映画を見終えた今、なんて映画を作っちゃったんだ監督、という思いがいっぱいで、ただただ残念です。

謹んでお悔やみ申しあげます。


17.07.22

新橋 支留比亜珈琲店


コーヒー注文したらトーストがついてきちゃう名古屋モーニングっぽい支留比亜珈琲に再び行ってきました。アサカツ♪アサカツ♪

今回は、タマゴサンドを注文。とっても写真映えするタマゴサンドです。食べ応えありました。


メニューはこんな感じ。カルボトースト気になりますが、ツナサンドも気になります。


例えばタマゴサンドとコーヒーを注文すると、コーヒーにゆで卵とトーストのモーニングセットがさらに追加になってしまうので、そこはちゃんと確認してお断りしましょう。でないと朝からパンだけでお腹いっぱいになっちゃいます。変な感じですがこれが名古屋式なのでしょうか。


チーズトーストの様子です。どのトーストもできたてがいただけるので当然おいしいです。


窓の向こうには東海道新幹線が激しく往来する様子が見られます。モーニング時間帯それほど混んでいないので、朝のゆったりモーニングタイムができます。オススメ。

【過去ニッキ】

支留比亜珈琲店 新橋銀座店
営業時間:7:00〜23:00 ※モーニング7:00〜11:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日:無休
場所:東京都港区新橋1-4-5 G10ビル3F
tel:03-6228-5888
分煙

17.07.22

ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート


9日は、パシフィコ横浜 国立大ホールで開催された、ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサートに行ってきました。

ガルパンシネマティックコンサート、なんと映画本編の映像と合わせた演奏で、とんでもなく贅沢でした! すごくいい席で、何度か見た劇場版でも、これまで聞いたことのない立体感を感じる演奏でした。それぞれの楽器がくっきりよく聞こえて、生演奏の素晴らしさをかみしめました。

「おいらボコだぜ!」やカンテレ曲「Säkkijärven polkka(サッキヤルヴェン・ポルッカ)」など、オーケストラでは初めて聴ける楽曲もあり、大変貴重な機会でした。ひそかにカンテレ奏者の方がヴァイオリンの中にまざっていらっしゃってて、ミカのポロロンに合わせていたのも驚きました。とにかく驚きの連続です。

以前、ディズニーインコンサート『アリス・イン・ワンダーランド』という、今回のように映画の本編映像に合わせたオーケストラ演奏会に行ったときは、指揮者の譜面台に、譜面の他にタブレットが置かれていて、演奏に入るカウント数字が表示されていたのが見えました。

なので、今回、かなり完璧だった指揮者の方がどうやって入るタイミング合わせていたのか気になります。譜面台に譜面しかなかったように見えたので。

かなり完璧で、隅から隅まで感動の連続のオーケストラでした。


初公開であった、この冬に公開される、最終章主題歌をオーケストラ初披露で、終演後スタンディングオベーション大喝采! ほとんどの人が立ったスタンディングオベーション初めて見たかもです。大満足なコンサートでした。


ボコが、フイッとこっち向いてくれたんだよぉぉ(๑˃̵ᴗ˂̵)

【過去ニッキ】


コンサート前に中華街で腹ごしらえ。いつ行っても活気のある中華街元気が出ます。

おいしい肉まんとフカヒレまん食べました!


17.07.22

『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』第3章「やくそく」


8日は『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』第3章「やくそく」公開記念舞台挨拶に行ってきました。鷲尾須美役・三森すずこさん、乃木園子役・花澤香菜さん、結城友奈役・照井春佳さんと、木下プロデューサーがサンチョを持って登壇。

ちょい風邪気味でのどの調子がお悪いけれど、しっかりした受け答えで、時にボケてた三森さん、この中では明るく引っ張るムードメーカー的な花澤さん、そして誰よりも人の気持を大事にしているけれど、リアクションがおもしろくなってしまう照井さん。にゃす、ほんといい子だなって思う場面があの短い舞台挨拶の中で何度もありました。

ゆゆゆのキャストさんたちは結構仲良しときいてて、途中参入だけどあの輪の中に入れるかなと思っていたけど温かく迎えられて嬉しかったです。という花澤さん。サンチョをムギュッとするとこかわいかったです。

ゆゆゆの声優さんの雰囲気ほんといいなあって、観音寺のイベント行ったときのこと思い出しながら見てました。出演陣も良かったし、観音寺の街全体がすごくゆゆゆに好意的だったのが今思い出しても心がほっこりするのです。

これから上映される内容はちょっと辛さを覚悟をしなければならない結末なのは、だいたいわかってはいると思いますが、その先にある未来への希望も携えて自分たちもがんばって表現したので、どうか最後まで見届けてください(意訳)というメッセージをもらい、舞台挨拶は終わりました。



そして本編。ネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

まずはいつもの短編映画「結城友奈は勇者部所属」でほんわかする勇者部の皆さんを堪能。と、思いきや、今回はきゃぴきゃぴだけの話ではなく、月夜の下で話す、東郷さんと友奈の会話がじんわりときました。もうここで半泣きですよ。この後本編なのに!

銀が3体倒し、立ったまま最後を迎えてからのその後。最終章は銀の告別式から始まりました。学校内の生徒も参列していて、あちこちからすすり泣く声が、まるで映画館の劇場内客席から聞こえて来ているようでした。

この告別式の様子が、あまりにもリアルで、ちょっと精神的にくるものがありました。体験したことがある方なら分かるかと思いますが、じわじわと湧き上がる故人への思いと、今それと向き合わなければならない瞬間の視点が、えげつないくらいリアルで、やられた。。。

銀を失ってから、システムが改変されます。恐らくここで絶対死なないシステムが導入されました。本人たちのいない場所で家族に告げられるむごい真実。

それを戦いの最中で悟ったそのっち。その後、わっしーの記憶から自分が消えていることも知り、最後に満開して戦いを終わらせたそのっち。その時の魂の絶叫はいままでにない花澤さんの一面を見た気がします。身体以外は、記憶も全て背負うそのっちを正視できない。

3人の中でリーダーを決めるときに、誰もがしっかり者のわっしーと思われていたのが、ほわわんとしているそのっちに決まったときの事を思い出しました。指名してた先生は内面の柔軟さと強さを見ていたんだなあと。

映画が終わったあと、悲しい気持ちと希望に向かう気持ちを抱える複雑な中、どこからともなく拍手があり、会場に溢れ出しました。いい映画でした。


帰宅後、ゆゆゆBlurayを見なおしたのですが、8話の大橋の下で会う、そのっちのシーン、初めてテレビで見たときは衝撃的だったのですが、映画の最終章を見た後だといろんなことが巡り、かなりズシンと来ました……。ベッドの上に横たわる薄っぺらい病院服姿が、そのっちの一言一言で重くのしかかってくるのです。

今後秋に放映されるTVシリーズは、これに新エピソードが追加されて放映予定だそうです。しっかりと見ていきたいと思います。


入場特典は3種類あるそうです。そのっちをもらいましたよ。かわゆい。


【関連ニッキ】

17.07.16

下北沢 ネイバーフッド アンド コーヒー 代沢5丁目店


土曜日は、ネイバーフッド アンド コーヒー 代沢5丁目店(旧 inspired by STARBUCKS)で、モーニングと洒落こんできました。時間的にはほぼランチなので、ブランチかな。



こちら、一応スタバ系列らしいですが、通常のスタバとメニューや食器、装飾が全然違ってて、かなり新鮮なスタバです。


テーブル席あり、ゆったりソファーあり、電源ついてる大きいテーブルあり、と、とてもゆとりのある空間で、しかも混んでない! 別室? もあり。


土日限定メニューあります。ベーコンの上にスクランブルエッグが乗っていて、キッシュみたいな食感。


これがおいしい! アップルパイ!


ハムチーズサンドを注文。ピクルスおいしい!


個人的にスタバのコーヒーは脂が濃くて若干苦手でしたが、コーヒーは、エスプレッソを薄めたカフェアメリカーノがありがたいです。酸味が少なくてさらに好み。コーヒーは3段階ある種類から、ノンカフェインも選べて、試しに注文してみたら全然しっかりした味でおいしかったです。


カフェラテとカフェオレの違いはカフェオレのほうがミルク多め。カフェラテが好みの味でした。


何もかもがおいしく、ゆとりのある空間でいい雰囲気。


なんだか、代沢5丁目店 という文字がプッシュされていて、好きになりました。

ネイバーフッド アンド コーヒー 代沢5丁目店
営業時間:月〜木: 08:00〜22:00/金土: 08:00〜23:00/日祝: 08:00〜22:00
定休日:不定休
場所:東京都世田谷区代沢5-8-13 クリークス代沢
tel:03-5431-5250
禁煙