カエルニッキ

ド・ザイナー。

『生きのびるために(ブレッドウィナー)』字幕版


アイルランドのアニメーションスタジオ、カートゥーンサルーンのノラ・トゥーミー監督による2017年のアニメーション映画『ブレッドウィナー』字幕版を観ました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

この映画は2001年のタリバン政権下のアフガニスタン、カブールが舞台。11歳の少女パヴァーナが、父がタリバンに捕まり(完全に無実)、残された家族のために男の子になって稼ぎ手(ブレッドウィナー)になるお話。

つらい……。これはつらい映画でした。

まだまだ小さい少女が、家族が生きていくため、捕まった父親を助けるため、自分がやらなければ、という強さが健気でとても悲しく辛いです。初めて男の子になってひとりで街に出たときの、女じゃない自分への対応に驚く一変した世界。全く新しい世界に驚くパヴァーナがとても愛おしい。ここではとにかく女性が生きにくい社会を、繊細な心理描写で表しています。

そして、男の子であってもバイトするのもひと苦労するのですが、街は、時折上空を戦闘機が飛び、電柱にはよれよれの電線に何か引っかかっていたり、住宅の壁には銃痕が。街自体が荒んでるように見えるけれど、もはやこれが普通なのかと思ったり。

日本では考えられない恐ろしい話が盛り沢山だけど、パヴァーナのお話の物語の世界は、一変して色使いがとても美しく華やかで輝いています。こういう色あいのアニメーションのセンスはあまり日本のアニメでは見かけない気がします。

いつしか荒んだ現実と色鮮やかな物語が交差する時、握り拳にギュッと力が入っている自分がいました。

監督はとてもよく取材をされたそうで、パヴァーナのような少女がたくさんいることを残していきたい映画でもあるようです。まず知ることで、知れてよかった映画のひとつになりました。先日見た『トゥルーノース』もそうですが、アニメーションというクッションのおかげで、リアルでは目を背けたくなるようなことも、しっかり見て知ることができる映画だと思います。


表題タイトルですが、公式サイトでは『ブレッドウィナー』ですが、Netflixでは『生きのびるために(ブレッドウィナー)』とされていて、Netflixで見たので、タイトルは合わせました。

21.09.12

実家に帰らないお盆2021


昨年に続き、今年も帰省せず普通に過ごしてました。いつもそうだけど何のオチもないニッキです。
朝からお墓参り前の準備に追われているであろう実家の母へ、一段落した頃に近況報告など、電話でちょっとお話。青森も猛暑続きで暑さで体の調子崩してないかが心配だったけど、ちゃんと自分で判断して休んでいるようでなにより。ワクチンも2回接種済みで、ひとまずはちょっと安心。

「誕生日おめでとう」「ありがとう。お母さんもあさっておめでとう」2日違いで20歳違いの誕生日、歳は毎年比例して増えていくねって、母は愉快な感じで話す。他愛もない会話になぜかほっこり。

妹にお墓参りの様子の写真を送ってもらったり、何を食べたとかいろいろ実況してもらって、実家のお盆気分に少し浸れました。父が亡くなってから年2回は帰省してたんですが、2020年の正月以来帰れていないです。来年の夏は帰れる状況になってるだろうか。

後日、母の誕生日に、末の妹と彼氏がいろいろなケーキを買ってきてて、みんなで食べてました。楽しそうだな!


ところで誕生日お祝いの言葉をくれた人たちもいて、毎年覚えてもらえててうれしいです。そういえばお誕生会っぽいことしてないので、いつかおいしいものでもたべたいですね!


21.09.05

『竜とそばかすの姫』


細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』を観てきました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

細田守監督作品では『サマーウォーズ』が一番好きで、つぎに『時をかける少女』(2006年)、『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年)という感じですが大体好きなので映画は毎回見にいっています。

『竜とそばかすの姫』は、『サマーウォーズ』と世界観が近くて比べやすいのですが、映像作画技術はもとより、お話の「U」の世界も『サマーウォーズ』の「OZ」の世界をバージョンアップさせたさらにゴウジャスな空間で、大画面で大変見応えありました。

シンプルなストーリーですが、今回は特に歌の力が大きくてその演出も絢爛豪華。冒頭からはじまる「U」の楽曲が、映像と歌い手ベルのパフォーマンスの相乗効果ですっかり心をつかまれてしまいました。とても美しい映像で、またお目にかかれた主のクジラの存在もうれしい。

12年前の作品の頃よりもネットのリテラシーが発達していて、より深く心を痛める出来事がリアルとバーチャルで対比しながらも描かれていて、その中で生きていく力のようなものが歌という形だったのだなあと。

すずがひとりであの兄弟のところに向かうところとか、毎回声はかけてくるけど、深く踏み込んでこない父親とか、劇中の大人たちは一貫して女子高生を大人として接しているところが印象的でした。

メインテーマ「U」millennium parade × Belle (中村佳穂) この曲が好き。

21.08.21

『トゥモロー・ウォー』日本語吹替版


Amazonオリジナル映画『トゥモロー・ウォー』日本語吹替版を観ました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

30年の間を移動する、タイムトラベルものでしたが、『テネット』のような複雑な理屈はなく、登場人物のキャラクターも簡潔に特徴が割り当てられていて、わかりやすくて見やすい映画でした。

冒頭で戦士に選ばれ、即戦場、おまけに転送中トラブル発生! みたいな急展開に、よくあるアトラクションの始まりの中にいる気分に。というかこのままアトラクションになるのでは。

指令を受けながら人の救出任務を遂行するあたりはゲームの中にいるようだし、ところどころ、もろセットの中という場面もあり、大丈夫かな?と思いつつ見てましたが、途中娘と会って目的がはっきり見えてきてからは、盛り上がって参りました。最後の結末を見届けたくなるようなお話でした。

バトルシーンが短調で長く感じた部分もありますが、2時間18分はちょっと長いなあと思いました。

21.07.26

『ゴジラvsコング』字幕版


GODZILLA ゴジラ』(2014年)、『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017年)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)に続く「モンスターバース」シリーズ第4作目『ゴジラvsコング』字幕版を観てきました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

予告で見た通り、大画面の超ド迫力怪獣プロレスで、バトルシーンは多く、豪華な怪獣プロレス映画でした。コングの動きは人間に近いせいか、パンチがあたった時の波動を大画面から感じるほど。ゴジラの顔は相変わらず爬虫類感あって、あまり好みではないのですが、壮大なバトルシーンにあまり気にならなくなりました。

ストーリーの方は、広く浅くちょいちょい細かい設定あって、人間ドラマの方も楽しめました。コング側とゴジラ側、それぞれストーリーが動いていく構図で、最後は何となく一緒の場面にいる平和感は嫌いじゃない。両者とも女の子がキーになってるんですね。

少女とコングと会話のシーンはちょっと感動しました。こういうのに弱いです。日本の『ゴジラ』でテレパシーで念を送る三枝未希を思い出しました。(平成ゴジラシリーズ vsビオランテ〜vsメカゴジラあたり)

どちらかというとコングに人間ドラマが寄ってたと思うのですが、ゴジラの表情表すところ、1度ぐらいでよかった気がします。(何度かあってゴジラちょろい印象が)

ゴジラ前作で犠牲になった芹沢博士の息子科学者さんは、もうちょっとマッド感あったら印象に残ったかなあと思います。かっこいいんですけども。

それにしてもかつて日本でも作られたキンゴジが豪華アメリカ版で蘇るとは、いい時代です。技術も財力もありそうな「モンスターバース」シリーズは、今後も観ていきたいです。
日本のテレビではいまウルトラマンもコンスタントに制作され放映されていますが、春アニメでも、『ゴジラ シンギュラポイント Godzilla Singular Point』『SSSS.DYNAZENON』のような作品が見られて、今年は怪獣豊作年です。

21.07.26

『映画大好きポンポさん』


『映画大好きポンポさん』を観てきました。感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

映画を作るお話ですが、ポンポさんのキャラクター、予告で軽そうな印象だったので、あまり内容に期待しないで観に行ったら、想像以上に映画愛にあふれてて楽しかったです! それにポンポさんああみえて敏腕プロデューサーでした。観に行って良かった。もしかして私のような人が他にいるなら、観に行って大丈夫ですよ!

ジーンの編集シーンで、ひたすらカットし、効果的に見せるためいろいろな手法を試すところがあるのですが、そこが一番ワクワクしました。俯瞰からのシングルショットとか、理論的にまとめられててわかりやすかった。わかるとすごくうれしい。

それと、創作するときの言葉のチョイスがすごく好き。それも効果的な手法なのだろうけれど、胸を打ち、そして泣いた〜。いろいろな映画のオマージュも、わかるのからわからないのまでたくさんありました。次見るならコメンタリー付きで見たい。

なかなかかつてのように、毎週映画館で観られるという感じではないのですが、今年劇場で観てる映画、また観たいと思うのばかり! (エヴァガルパン、JUNK HEAD、シドニア、トゥルーノース)劇場で観られてるという感動フィルターがかかってるだけかもしれないけど、おもしろいの多くて幸せ。


映画の後は、普段おうちで食べられないシリーズ〜今回は2年ぶりの焼肉屋さん! 焼肉陽山道のランチタイムでしたがフロアは空いてて個室で良い席でした。ご飯に肉をのっけて食べると、脳内幸福度が倍増するとか。満たされました。

21.07.13

銀座 カフェ・ド・ルトン


映画の後、カフェーにも行きました。老舗レトロ喫茶カフェ・ド・ルトン


アンティークな店内は贅沢空間。時計すごい。空いてたとはいえ、客層も静かで大人の喫茶店です。


コーヒーも本格贅沢嗜好品だった! (一杯1000円〜)ブレンドはブラジルベースで好きな味でした。 至高の一杯、ありがたくいただきました。


スプーン。


クレープも食べちゃう。アイスがうれしい。


ウインナコーヒーの様子です。


観てきた映画の談義ができるのが何よりもうれしい。

カフェ・ド・ルトン
営業時間:[月~土]11:00~22:30/[日]11:00~19:00 
定休日:無休
場所:東京都中央区銀座5-6-16 西五番館 B2F
tel:03-3571-1033
禁煙


21.07.12