カエルニッキ

ド・ザイナー。

きっかけはミクシィ

学生会オーケストラ仙川にある桐朋学園大学音楽学部桐朋祭に行って参りました。学生会オーケストラで伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」を演奏するという情報をミクシィ経由で知ったからです。もうこの曲が好きというと、その道のシトにはミーハー扱いされるぐらい有名な曲なんですが、とにかくカエルはこの曲が大好き! 初めて聴いたのは、芥川也寸志の指揮のものだったけれど、今回の演奏はそれに近いものがあり、ひさしぶりに生で聴けて、さぶいぼ立っちゃいましたー。生さいこう!

他にも、弦楽のための「アイヌの唄」小山清茂と「左方の舞と右方の舞」早坂文雄が演奏され、知らない曲だったけど日本的なとてもなじみやすい曲でした。

そしてアンコールには、ダイツキな芥川也寸志の「交響管弦楽のための音楽」が!! きゃ〜〜〜! まさかまさかこの曲も生演奏で聴けるなんて! というぐらいびっくりな選曲で、驚きと感激でいっぱいでした。指揮者の本名徹次というシトは、日本の曲が得意らしいですに。音楽の専門的な学校の催し物で、あえて有名な曲ばかり選んだ、その懐の深さを感じました。

【関連リンク】
伊福部昭コミュニティ(リンク先はミクシィ
☆vc-auras☆ | コンサート情報こちらで演奏会の情報を知ることができました。管理人のしまりすさんは演奏者で、今回はお世話になりました。)
さくらぷらす「桐朋学園大学音楽学部 桐朋祭」(一緒に行きました。)
いぬ日記「2005年09月27日(火) 前日の日本組曲特殊編成版は浅草ビューホテルの仕事でいけなかった」(後ろの方で聴いていたようです。詳しい曲解説があります。)